無期雇用派遣の社会保険の取り扱いについて

2021.01.07

Q:次の派遣先がみつからないときの社会保険の扱いですが、空白が1カ月以内であれば被保険者資格は継続というルールだったはずです。
無期かした派遣労働者についても派遣先がみつからないときはこの基準が当てはまるのでしょうか。

A:待期期間も被保険者になります

派遣契約の期間終了後も被保険者資格を継続するルールは、派遣労働者のうち常時雇用される労働者以外の者に適用されます。

派遣労働者には、登録型と常用型があります(派遣業務取扱要領)。
期間の定めなく雇用するなど常時雇用している労働者は後者に当たります。
無期雇用派遣に転換した後の労働者の場合、次の派遣先がないことをもって登録型に変わるというわけではありません。
また、派遣契約の終了のみを理由に解雇することもできません。

次の派遣先がみつかるまで休業手当を支払うケースがあります。
一般的に休業手当を支払う場合の被保険者資格は継続する扱いとなっています。

参考:労働実務事例研究(2020年版)